あなたは大丈夫?結婚が難しい女性の特徴

進む少子化に高齢化。今や女性もバリバリ働く時代になりました。家で家事して子供を育てて旦那の帰りを待つだけなんで古い!まったくもってその通りですが、あんまり仕事ばかりしているとそういう生活にあこがれを抱いてしまう、そんな時もたまにはありませんか?世の女性の中で結婚したいのにできない、チャンスが巡ってこないと思う方は多いと思います。以下ではそんな女性たちに共通する主な特徴を上げていきたいと思います。

 

 

結婚に夢を見すぎ

朝はいってらっしゃいのキス、日中はお互い仕事をするか自分は子育てをするか、帰ってきた旦那さんをお出迎えしてご飯を食べてお風呂に入って、晩酌してからベッドへ…なんて理想的な結婚生活を夢見ている方はたくさんいると思います。しかし夢は夢です。実現できるかどうかなんて誰にもわかりません。いってらっしゃいのキスなんてしてる余裕はないほどぎりぎりな朝かもしれないし、旦那さんよりあなたのほうが先に家を出ることもあるでしょう。

 

そのときに旦那さんはまだベッドの中…自分は早起きしてお化粧して身支度整えて駅まで急がなくちゃいけないのに、その時にキスしてる余裕なんてあると思いますか?もちろん素敵な未来を想像するのはいいことですが、現実との区別をつけてください。あまりにも夢見すぎな女性は男性だって願い下げです。適度な理想、適度な実現。何事も適度が大事なんです。

 

 

なんでも自分でできてしまう/やろうとしてしまう

まだまだ男社会な現代日本でバリバリ働いている女性は、強く、美しく、したたかです。女だからってなめられないように、仕事もプライベートも何でもこなそうとしてきたふしが、無意識にあるのではないでしょうか。もしかして恋愛もスムーズに進めるためにあの手この手を使っていたのかも。もちろんスムーズで喧嘩などの問題もなく愛し合えればそれで万々歳かもしれませんが、やはり恋愛に困難はつきもの。あまりにもその困難を回避しようとしてしまっては結婚はできないでしょう。成功を追い求めるあまりに無理な理想を男性側に押し付けてしまっているかも…。

 

男性が立ち入る隙が無いほど完璧な女性では、どんなに美人でも男性はひるんでしまいます。多少抜けてて、それでも自分の考えをきちんと持っている女性はとても魅力的に見えるはずです。あなたの手助けはいらない!私は一人で生きていけるの!なんて考えでは二人で協力して作っていく結婚生活が素敵なものになるはずがありません。妥協とはまた別に、相手の考えや性格を受け入れ、時には相手に頼ることも必要です。

 

 

自分はこうである、という固定観念が強すぎる

私は仕事をして生きていくべき女なの、家庭に入るなんて無理、子育てと仕事を両立するのは自分にはできない…。なんて思って日々過ごしていませんか。現在バリバリにキャリアウーマンをしているとしたら、急に家事に専念する、子育てをするために仕事を休む/辞めるというのは怖いですよね。しかしだからと言っていつまでもそのままでいいというわけではありません。結婚願望があるならなおさらです。結婚にかかわらずたいていの場合ふんぎりがつかないのは自分の思い込みのせいです。貴女は本当に育児と仕事の両立ができない女性ですか?家事のできない女性ですか?

 

仕事するしかない女性ですか?新しことにチャレンジするのが怖いのはみんな同じです。いざやってみたら意外とできた、ひょっとしたらこっちのほうが性に合ってるかもしれない、今幸せだなあ、なんて思える日がいつか来るかもしれない。どうせ未来のことを考えるなら、後ろ向きな考えより前向きな考えのほうが良いはずです。ただ、ここで勘違いしないでほしいのが前向きな考えと妄想は別であるということ。何もかもうまくいくわけは無いですから、前向きに考えたあとにはそれを実現させるための努力をしましょう。この努力を怠った場合、それはただの独りよがりな妄想になります。ご注意を!

 

以上が結婚できない女性の特徴になります。少しでもドキッとした方、まずは自分の考え方を少しだけ変えることから始めてみませんか?