結婚に向いている女性・向いていない女性の違い

結婚に憧れるけど自分が結婚に向いているのか、向いていないのか考えたことはありますか。生活環境やパートナーによって結婚生活は大きく変わってくるので一概に向き不向きを決めるのは難しいですが、結婚生活を送る上で共通していることはあります。その中で向いている女性、向いていない女性の違いを見ていこうと思います。

 

1人の時間が大切

1人暮らしが長くなってくると自分のペースで生活してくることに慣れてきます。結婚をするとパートナーとともに生活をしていくのでその自分のペースで生活していくことは難しくなり、パートナーとお互いに歩調を合わせながら生活していかなくてはなりません。子供ができると子供中心の生活となり、自分の時間だろか自分のペースで生活をすることは困難になってきます。誰かと毎日生活するのが嫌だと感じたり、誰かのペースに合わせて生活をすることが難しいと感じる人は結婚に向かないかもしれません。結婚はお互いに妥協しあい、歩調を合わせなければうまくいきません。

 

相手に尽くすが好きな女性

旦那さんのために尽くすことが好きな女性は、主婦に向いていると思います。共働きの場合、お互いに協力しあって家事をするのがベストですがその現状はなかなか難しく、女性が家の家事のほとんどを行なっているのが現実です。私も働いているのに!とストレスを感じながら家事をする奥様も多いはず!旦那様のためにご飯を作ったり、生活ペースを合わせたりできる女性は男性にとって嬉しいパートナーなので結婚に向いていると思います。誰かのために何かをすることを喜びに感じていると家事をするのが苦に感じることなく家族のために尽くすことができると思います。

 

妥協できない女性

結婚生活を送るとお互いに不満が出てきます。その不満を相手に伝え、相手がそれを受け入れ直してくれればいいのですがなかなかそれは難しいことです。相手の欠点も受け入れて結婚するのである程度の妥協は必要です。その中で相手に自分の要求ばかり求めると結婚生活はうまくいかないので妥協ができない女性は誰かと生活するということが難しく、結婚生活には向いていないと思います。また生活レベルの妥協もできない女性も結婚には向いていません。景気がわからないこの情勢の中で突然、夫がリストラに合うことがあるかもしれません。そういった中で生活レベルを落とさずに生活することは困難です。そういったことに対応できない妥協できない女性は結婚には不向きです。

 

受け身の女性

受け身の女性は相手に歩調を合わせるのが得意な人が多いので結婚に向いていると思います。パートナーとの生活でお互いに理解を深めて、歩調を合わせて生活していくことが大切ですが我が強い女性はパートナーが女性に合わせてくれるような相手でないと円満な結婚生活を送ることが難しいです。しかし、受け身の女性は相手に引っ張ってもらうことを望んでいるケースが多く、パートナーに歩調を合わせるのが上手なので結婚生活も円満にいきやすいです。受け身の女性でないと歩調を合わせれないのかというわけではないですが、パートナーを受け入れる姿勢ができているので受け身の女性の方が結婚には向いていると思います。女性に引っ張ってほしいという男性も多いですが、今だに自分の後ろを歩いてくれるような女性がいいという男性も多く存在します。パートナーにもよりますが、受け身の女性は相手に合わせるのが上手なので臨機応変に対応できると思います。